グリーン物流ってナニ?
シンボルマーク、ロゴマークの使用について
グリーン物流ってナニ?
当サイトへのリンクについて
会議案内、会議参加申込

HOME > 活動情報 > これまでの会議情報

これまでの会議情報

第5回グリーン物流パートナーシップ会議

開催終了

第5回グリーン物流パートナーシップ会議は終了しました。多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。当日の配布資料は以下のプログラム内からご覧いただけます。


パンフレット(pdf)はこちら

『グリーン物流パートナーシップ会議』は現在、企業、団体、個人をあわせ約2,600を超える会員登録をいただき、物流分野でのCO2削減のため、荷主企業と物流事業者の連携・協働による施策の幅を広げ、裾野の広い国民運動的な取組みを行っております。

平成17年度から実施しておりますグリーン物流パートナーシップ推進事業では、モデル事業7件、推進事業14件、合計21件について補助金の交付が決定され、すでに事業が行われております。

平成18年度は予算枠拡大に伴い、モデル事業15件、普及事業64件が推進決定され、そのうち第一次分のモデル事業10件、推進事業35件については補助金交付が決定され、引き続き第二次、第三次分に関する手続きが進められております。

今回の「第5回グリーン物流パートナーシップ会議」では、平成17年度グリーン物流パートナーシップ会議モデル事業に推進決定された事業のうち、応募のあった事業の中から選ばれた優良事業者に対して大臣表彰を行います。

また、本年2月にお披露目いたしましたシンボルマークの名称発表を行うことと、来年度のグリーン物流パートナーシップ会議の展開方針について紹介させていただきます。

『グリーン物流パートナーシップ会議』は、今後とも物流分野でのCO2排出削減に向けた自主的な取組みの拡大に向け、業種業態の域を超えて互いに協働していこうとする高い問題意識を共有しつつ、幅広く多くの方々にご参加いただける活動を推進してまいりたいと考えています。

社団法人日本ロジスティクスシステム協会
社団法人日本物流団体連合会
経済産業省
国土交通省
協力:社団法人日本経済団体連合会

日時 2006年12月19日(火)14:00〜16:00(開場:13:30)
会場 経団連会館14階 経団連ホール(地図 ※別ウィンドウへ表示)
東京都千代田区大手町1-9-4
参加対象 グリーン物流パートナーシップ会議の会員
※会員登録をされていない方は、会員登録のページより会員登録をした上で、本会議への参加登録をしてください。
※原則として登録会員組織からのご参加は1名までとさせていただきます。
※尚、会員は会員企業一覧ページより確認いただけます。
参加料金 無料
参加人数 400名

プログラム

14:00〜14:10
開会 世話人挨拶
杉山 武彦 氏
一橋大学 学長/グリーン物流推進協議会 会長
ロジスティクス環境会議 企画運営委員会 委員長
14:10〜14:20
挨拶
甘利  明  経済産業大臣
冬柴 鐵三  国土交通大臣
14:20〜14:30
大臣表彰
経済産業大臣表彰
矢崎総業株式会社、翔運輸株式会社

国土交通大臣表彰
社団法人全国通運連盟、日本貨物鉄道株式会社、
日本通運株式会社、全国通運株式会社
14:30〜15:30
大臣表彰事例紹介
■田原物流センターにおける物流改善プロジェクト
吉岡喜一郎氏 翔運輸株式会社 代表取締役社長
配付資料
■31フィートコンテナ共同利用方式によるJR貨物と鉄道利用運送業界による共同プロジェクト
星野茂夫氏 社団法人全国通運連盟 理事長
配付資料
15:30〜15:40
シンボルマーク 愛称発表
菅田 勝 氏
グリーン物流パートナーシップ会議
広報企画ワーキンググループ座長代理
配付資料
15:40〜16:00
来年度のグリーン物流の展開方針
尾澤 克之 国土交通省 政策統括官付政策調整官(物流担当)
配付資料
16:00 閉会
フォントサイズ 大 フォントサイズ 小 デフォルトに戻す 開催案内 参加申込